MISSON

“熊本からビール文化を創り、世界へ発信する”

私たちは、世界中の人々を熊本のクラフトビールでもてなす空間を形成し、熊本の豊富な食材で製造したクラフトビールとクラフトビールに合う「料理」でおもてなしを行い、熊本県民に誇られる、世界に恥じない新たなビア製造を目指しております。
私たちは、SDGsに関する取り組みとして持続可能な社会の実現と美しい地球環境の保全のために、サステナビリティに配慮した誠実で責任ある事業活動を行うとともに、ビールの持つ力を活かして熊本から世界全体の持続可能な社会の実現に貢献していきます。

“クラフトビール製造のおける想い”

私たちは、「ビールは農業だ」という考えのもと、地元熊本の特産品や農作物を使ったクラフトビールの開発から販売まで一貫して手掛けております。私が24歳から29歳までの約5年間で30か国を旅して実感した事になりますが1杯のビールには、国の豊かさや人種、言葉の壁を越えさせる事があります。間違いなく、ビールにはそのような力があります。
熊本には美味しい農産物が沢山あります。しかし、その中には形や色、その他色々な理由で廃棄されるものも多くあります。
そこで私たちは、生産者の方と協力しながら、廃棄される農産物に付加価値をつけ、循環型のビジネスモデルの実現にも取り組んでいます。

“クラフトビールをつくるという事”

熊本の農産物とビールの持つポテンシャルを引き出し、自分達でオリジナルのビールを作り、世界へ発信したいとこころがけています。
生産者の方と縁ができ、多くの野菜や果物がちょっとした傷一つで価値が下がり、また膨大な量の生産物が廃棄されている現状を知りました。何とか一石を投じたいと考えに考えたなかで、ふと世界中の酒場でみた、本当に多様なクラフトビールとこれらの問題がリンクしました。
『農業の新しい形としてのビール』を作りましょう。

“自然エネルギー×ビール製造について”

ビール作りにおいて電力は必要不可欠なエネルギーであり、自然エネルギーを活用する協力会社様との協力によりビール生産の持続可能な生産の加速をさせていきます。

“持続可能なビジネスモデル・サーキュラーエコノミー”

弊社製造クラフトビールは、市場に出回らない農作物を使用し製造から出た麦芽の搾りカスをホップ製造の肥料として使用するサイクルにもなっており、さらなる持続可能なビジネスを加速させていきます。

“クラフトビール× AI・Iotによる唯一無二の持続可能なビジネスモデルの構築”

お酒のレシピは企業秘密であることが多くありますが、ビールに関しては必ずしもそうではなく、世界中のブルワリーからレシピが公開されており、私たちは世界のビッグデータを元に、土地・時代・気候・水質等のデータをAI、IoTを駆使したオリジナルのクラフトビール製造を目指しています。
クラフトビール始め、お酒作りというのは、いわゆる職人の五感に頼る要素が色濃くありますが、それが事業継続を脅かしかねません。弊社はそんなリスクを払拭すべく、ビール醸造のあらゆるプロセスにAI・IOTを導入した「脱・職人」化を実現させて、クラフトビールビジネスを持続させていきます。